Japan

カーボンニュートラル実現で業界をリードする企業へ
~脱炭素と投資効果の両立をめざす~

開催日時:2023年11月27日(月) 14:00~15:00

 

米Appleの今年9月の発表で、300社以上のサプライヤーが、「2030年までにApple製品の製造に100%クリーンエネルギーを使うことを確約」とされています。このような動きは加速しており、製造業を中心に「いかに温室効果ガス(GHG)を削減するか」が優先事項となっています。

 

一方、新しい取り組みのため、「どこから手を付ければいいか分からない」という声を多く聞きます。最初、東芝も同じ状態でしたが、コンサルタントによる客観的かつ定量的な経営・財務分析と東芝が長年エネルギー事業で培ってきた技術ソリューションを組み合わせることで投資効果を見据えた実践的な計画を策定することができ、GHG削減を効率的に進められ、収益にもつながる手応えを得ました。

 

今回、「どのようにGHG削減計画を策定するか」「GHGの見える化と、その先の対応策」などについて、東芝自身の経験と実践知に基づいて提供する具体的なソリューションをご紹介いたします。製造業として豊富な業界知見や技術ノウハウを有する東芝だからこそ可能になる、明日から検討・実践できるソリューションをご確認いただき、脱炭素で業界をリードする企業になる道筋を感じていただけると幸いです。

開催まとめ

アーカイブ

セッション1
カーボンニュートラルを実現したい製造業を中心とした大手企業の悩みを解決するGXコンサルティング

講演のポイント

  1. カーボンニュートラルの実現に向けて企業は対応を迫られているが、施策を実行していくことで企業価値を高める好機に変えることができる。
  2. お客様の課題・ニーズを起点に、計画策定から実行支援まで丁寧に伴走する“GXコンサルティング”と、東芝のこれまでの経験を活かしたソリューション提供による施策実行まで、包括的なご提案をする“GXサービス”

続きを読む閉じる

セッション2
電気/熱/CO2排出量の可視化・シミュレーションによる製造現場最適化

講演のポイント

  1. 現状の自社のエネルギー使用状況等の可視化を起点に具体的な施策の検討までサポートするGXエンジニアリングサービスをご提供
  2. 東芝のエネルギー業界知見を活用し電気だけでなく“熱”の可視化まで実現
  3. 動力と生産側を一対にして相互影響を見ながら、瞬時ではなくて、ある期間に対して積分値に対する最適化の実行が可能

続きを読む閉じる

次回予告

東芝では今後も東芝GXセミナーの開催を予定しています。カーボンニュートラル、GX(グリーントランスフォーメーション)に関する社会潮流から、東芝の最先端の取り組みまで広く深くご紹介します。次回の予定が決まりましたら、東芝のGXサービスWebサイトにてご案内いたします。乞うご期待ください!

関連コンテンツ

本セミナーで登壇した田中・杉森両氏のインタビュー記事「東芝のGXサービスが支える、カーボンニュートラルはじめの一歩 ~目指すは「環境対応と経済性の両立」Toshiba Clipで公開しています。以下をクリックの上、是非ご覧ください。

Toshiba Clip